あしのむくみ・だるさ(足やふくらはぎ)

むくみとはなぜ起きるの?

むくみとはなぜ起きるの?「むくみ」とは、余分な水分が体内にたまってしまうことが原因で発生します。とくに、むくみやすい部位は心臓から遠い「足」です。足には血液を心臓へ送り戻す働きをする部位で、ふくらはぎの筋肉がその働きを行うポンプの役割を担っています。そのため、人間の下半身には全体の70%もの血液が集まっています。
しかし、運動不足や立ちっぱなし、座りっぱなしなどが続いてしまうと、ふくらはぎが動かなくなり、ポンプ機能がうまく働かなくなってしまいます。ポンプ機能がうまく機能しなくなると血液が足にたまり「うっ血」を起こしてしまいます。それによってむくみが発生します。また、足の静脈にある弁が壊れてしまい、血液の逆流が起きることで発生するむくみもあります。

むくみの原因

大抵のむくみは「長時間同じ姿勢を続ける」「運動不足」など、生活スタイルが原因で起きる一時的なものです。とはいえ慢性的な浮腫みの場合、重篤な疾患が隠れている可能性もあるので要注意です。
一時的なむくみの場合、とくに夕方~夜の時間帯に起きやすい傾向にあります。

生活習慣によるむくみ

長時間同じ姿勢を続ける

立ち仕事やデスクワークなど、同じ姿勢を続けることが原因でふくらはぎの動きが鈍ってしまい、筋肉のポンプ機能がスムーズに行われなくなります。
ポンプ機能が低下するとむくみが発生しやすくなります。むくみを放置してしまうと、下肢静脈瘤の進行リスクが高まってしまうので、「たかがむくみだ」と放置せずに治しましょう。

運動不足

運動量が不足すると足の筋肉が衰えてしまい、筋肉のポンプ機能も低下してしまいます。ポンプ機能が低下すると血液を心臓に送り戻す働きが滞ってしまうため、むくみやすくなります。

長時間同じ姿勢を続ける

立ち仕事やデスクワークなど、同じ姿勢を続けることが原因でふくらはぎの動きが鈍ってしまい、筋肉のポンプ機能がスムーズに行われなくなります。
ポンプ機能が低下するとむくみが発生しやすくなります。むくみを放置してしまうと、下肢静脈瘤の進行リスクが高まってしまうので、「たかがむくみだ」と放置せずに治しましょう。

運動不足

運動量が不足すると足の筋肉が衰えてしまい、筋肉のポンプ機能も低下してしまいます。ポンプ機能が低下すると血液を心臓に送り戻す働きが滞ってしまうため、むくみやすくなります。

ダイエット

過度なダイエットを行うと栄養不足に陥りやすくなります。必要なビタミン、ミネラルが不足してしまうと筋肉の衰えや血行不良、冷え症などになりやすく、そこからむくみへ繋がります。

塩分の取りすぎ

塩には水分を抱え込む性質があるので、塩分を過剰摂取してしまうと余分な水分が排出できず、むくみやすくなります。

栄養の偏り

カリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラルやビタミンB1、ビタミンE、タンパク質が不足してしまうとむくみやすくなります。

お酒の飲みすぎ

アルコールには血管内脱水の作用があるため、摂取し続けてしまうと水分不足になり血中濃度が高まってしまいます。そうなると身体は血中濃度を下げるために水分を取り込んでバランスを保つよう動くため、むくみが起きやすくなります。

代謝の低下

エアコンや空調設備などで温度変化が少ない環境で過ごすと、体温調整に関係する自律神経の機能がにぶくなってしまいます。 自律神経がうまく働かなくなると水分の代謝が落ちてしまい、むくみが発生しやすくなります。

身体の冷え

血行が悪くなると身体が冷えてしまい、冷え症になります。冷え症が続いてしまうと体内の老廃物や余分な水分が排出されにくくなってしまうので、むくみが発生しやすくなります。

生理や妊娠によるむくみ

生理前はプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加するので、比較的むくみやすい時期です。また、妊娠中も血液中の水分が妊娠前より増加するため、足のむくみが起きやすい傾向にあります。妊婦の約30%が、妊娠中にむくみが発生していると言われています。 加えて、女性は男性よりも筋肉量が少ないためむくみやすい体質なので、気をつけましょう。

慢性的なむくみが起こる原因

一時的なむくみでしたら大丈夫ですが、何日も続いて治らない場合、他の疾患が隠れているかもしれません。以下のような状態が見られる場合は心不全など、迅速な治療が必要な疾患の疑いがありますので、すみやかに循環器科へ受診しましょう。

このような症状があったら、ふくおかクリニックへご相談ください!

このような症状があったら、ふくおかクリニックへご相談ください!

  • 1日中むくみっぱなし
  • ここ最近、体重が急に増えてきた
  • 足の倦怠感や痛みがある
  • 足の血管がこぶのように浮き出ている
  • 残尿感がある、尿の量が少なくなった
  • 坂道や階段などを歩くと息切れする
  • 足だけではなく、顔やまぶたもむくんでいる
  • 何日もむくみ続けている状態

など上記の症状を感じている方は、当クリニックにご相談ください。
当クリニックではフットケア外来もおこなっております。ご気軽にご相談ください。

慢性的なむくみを引き起こす可能性のある疾患

心臓の病気

心臓が血液を送り出す力が弱まってしまうことで、心臓に障害が起こったときの症状として、むくみが発生するケースがあります。
心臓に障害が起きてしまうと、心臓のポンプ機能が正常に機能しなくなり、血行が悪化し、むくみやすくなります。この場合、「心不全」という危険な状態も考えられますので、速やかに受診しましょう

肝臓・腎臓の病気

肝臓または腎臓に障害が起きてしまうことで、血液の水分調整に支障をきたしてしまう状態です。血中に含まれる「アルブミン」という、タンパク質の量で診断する必要があるので、血液検査を行いましょう。アルブミンは、血中の適切な水分量を保つために欠かせない、浸透圧をコントロールするたんぱく質です。肝臓や腎臓に障害があると、アルブミンの量が減少します。それが原因で血管での水分調整がスムーズに行われなくなり、むくみが発生します。

リンパ浮腫の病気

「リンパ浮腫」とは、「リンパ液によるむくみ」のことです。リンパ液も血液のように全身を巡っているものです。本体、リンパ液はリンパ管を通ることで全身に運ばれていきますが、この流れがスムーズに行われなくなると、リンパ液が溜まってむくみが発生します。
リンパ浮腫の原因はおもに、がん治療(大腸がん、子宮がん、乳がんなど)でリンパ節を切除したり、放射線治療を行ったりしたことだと言われています。発症は手術後直後のケースもあれば、10年後に現れるケースもあります。リンパ浮腫は自然治癒で治せません。そのため、適切な治療を行わないと、急性リンパ管炎や蜂窩織炎の併発リスクが上昇します。
リンパ浮腫がある場合は、血管外科で適切な治療を受けることは重要です。

下肢静脈瘤

足の血液は、ふくらはぎの筋肉によるポンプ作用で心臓の方に押し戻されますが、途中で逆流を起こさないよう、足の静脈には逆流を防ぐ静脈弁がついています。しかし、この弁が何らかの理由で壊れてしまうことで、逆流した血液が足にたまってしまいます。この状態が「下肢静脈瘤」です。
症状はむくみだけではなく、「足の血管がボコボコと浮き出てくる」「細くて青い血管が透けて見える」なども現れます。
外観の問題だけでなく、足の重さやだるさなどで、日常生活に支障をきたす場合もあります。速やかに血管外科を受診して、適切な治療を受けてください。

深部性静脈血栓症(エコノミークラス症候群)

飛行機のエコノミークラスに乗り続けると発症しやすくなるため、この名前がつきました。長時間の夜行バスまたは飛行機の利用、病気で寝たきり状態などが原因で発症します。
長時間同じ姿勢を続けてしまうと、足の静脈に血栓ができやすくなります。足の静脈に血栓が発生することで、血液が心臓に戻りにくくなり、むくみが起きます。
長時間同じ姿勢を取り続ける状況下では、こまめな水分摂取と、足先を動かすなどふくらはぎのストレッチを心がけましょう。また、弾性ストッキングを着けることもお勧めします。

TOPへ戻る
075-873-7700075-873-7700 WEB予約WEB予約